葬儀の際に行うべきことやそれに伴う金額の紹介

このエントリーをはてなブックマークに追加

斎場での葬儀

斎場は公営なものと、寺院や自宅で行うものがあります。南池袋斎場は公営の斎場で、アクセスに便利な場所にあります。公営の場合、費用が安く設定されていることも多く、コストを抑えることが可能になります。

香典返しの手配

香典返しは弔問客が香典を持参してくるので、そのお返しとして渡すものです。近所の人に直接手渡しを行う方法や、遠方の人に向けて送るという方法で、お返しを行っていきます。挨拶状を添えることや、直接お礼をいうことが大切です。

弔電をおくる

弔電でお葬式を温かく

電報は冠婚葬祭の式に参列できない時に使用しますが、効果的に使うことで、参列出来ない失礼を詫びるだけではなく、温かいお葬式に貢献することが出来ます。 そもそも儀式は、目に見えない物を実感出来るようにするための物で、電報はまさに目に見えない真心を、手で触れられる物にするための物です。 0円からある台紙ですが、ある程度の値段を選ぶのもマナーの一つ。やはり見栄えは重要です。 内容は定型文が用意されていますが、せっかくですので自分の言葉を打ってもらいましょう。 もちろん、全文を自分で考えると言うのは大変ですから、定型文を使いながら自分と故人のエピソードを添えるなどの工夫をします。 ただ、お葬式で読んでもらうためにエピソードを大げさにしたり、作るのは不誠実ですので、誠意と弔意を込めた文面になるよう心がけましょう。

ただ送るだけではない新しい電報

電報というと大手電話会社のイメージがありますが、現在は様々な業者が取り扱っています。 「台紙の種類は100種類」「全国一律料金で」など、売り文句は様々です。 刺繍入り、袱紗付き、水引付きなど、確かに台紙の種類は豊富で、弔意を表すだけではなく、送る人の個性を出す事も出来ます。 ブリザーブドフラワーなどの供花を一緒に贈ってくれるサービスなどもありますが、これは自宅へ送る時に用いる方がいいというのが、とある関係者の意見。アピール抜群だからと、お葬式が行われる斎場へ供花つき電報を送っても、花は別にされ台紙だけをまとめてその中から当日読む物を選ぶので、あまり意味がないのだとか。 お葬式が終わった後、遺族が供花を持ち帰るのも大変なので、自宅へ送るのがいいと言う事のようです。

霊園墓地

霊園墓地いう、特定の霊園でお墓を管理してもらうという方法があります。現在、あえて墓を持たないという人も出てきており、親族の負担を軽くするという事を行う人もたくさんいます。

葬儀のスタイル

葬儀は様々なスタイルで行われることも多くなりました。生前から、自分らしい最後を迎えるために身辺整理や葬儀の方法等を書面に綴り、後をお願いするという方法です。遺された人も故人の希望に沿って葬儀を行うことができます。

葬儀の規模

葬儀は様々な規模のものがあいrます。亡くなった事実や通夜、葬儀の日程を周知する葬儀は一般葬と言われています。他にも家族葬や密葬等様々な方式で葬儀を行うことが出来ます。葬儀社では様々なプランを用意しています。

Copyright (c) 2015 葬儀の際に行うべきことやそれに伴う金額の紹介 all reserved.